白浜温泉

子供から大人まで幅広く楽しめる日本の南国リゾート南紀白浜の地には、疲れた体をたっぷりと癒してくれる温泉がたくさんあります。
白浜温泉は日本三古湯として知られる他、三大温泉地にも数えられている有名なお湯処です。

雄大な太平洋を眺めながらお湯に疲れる露天風呂の崎の湯は湯崎七湯の中で唯一残っている歴史ある湯壷です。
波打ち際で入るのが特徴です。
崎の湯の近くには温泉玉子が販売されており、入浴後の楽しみのひとつです。

歴史ある2種類の源泉、まぶ湯と行幸湯を一度楽しめるのが牟婁の湯です。
日本書紀や万葉集にも登場する由緒ある源泉です。
歴史ある名湯として知られている温泉を堪能しましょう。
海に面した温泉なので、入浴後は海沿いの散歩を楽しむこともできます。

白良湯は白良浜海水浴場の目の前に位置します。
夏は海水浴帰りの人で賑わっています。
湯船に浸かりながら窓の外を眺めると、白い綺麗な砂浜と青い海や空が雄大に広がっていて、その景色は最高です。
建物は2階建てになっており、1階部分にはのんびり寛げる休憩スペースが設けられています。

温泉に入るのも気持ち良いものですが、白浜温泉で人気があるのは気軽に楽しめる足湯です。
円月島前の「御船足湯」、白良浜海水浴場内にある「しらすな」、しらすなのすぐ隣に位置する「つくもと足湯」、少し内陸部に入ると「柳橋足湯」があります。

白浜に来たら、是非足湯も試してみたいものですね。
通常の温泉とはまた違った楽しみ方ができるでしょう。
足湯の人気が高まりニーズが増えたことにより次々と新しく足湯がオープンしています。